生活のイチブトゼンブ

ストレス社会で3分間の現実逃避を楽しむぜよ

平成の世の中はまだ男女平等でなかった

こんにちは、A汰です。

平成も終わりを迎える今日この頃。

私が最近気になる男女の話をさせてください。

f:id:a-matsuno0503:20180916090109j:image

世の中はずいぶんと男女平等になってきました。

女性が社会で活躍する時代になり、男性よりも収入を稼ぐキャリアウーマンがあちらこちらに存在しています。

一方、仕事終わりに育児をこなしている既婚男性、いわゆるイクメンがいるのも当たり前の時代になりました。

SNS上では、女性だけが1人で育児に取り組むことをワンオペ育児と言われるようになり、育児をしない男性は激しく批判されてしまいます(笑)

そりゃ夫婦共働きで育児は女性がしないといけないなんて身が持ちません。

未婚の私でも分かります。

男は家の外で稼いで家庭を支え、女は家事と育児をしながら家庭を守る。そういったかつての昭和の考え方に対して、平成の間で大きく変化がありました。

 

ここで本題に入ります。

今回私が感じていることはブログタイトルとは少し文言が変わりますが、まだ世間の考え方が昭和のまんまだなってことです。

よくネットのコラムで見かけるような、

初デートで女性が男性に冷めた瞬間5選

とか

合コンで女性が男性に対して次はないなと思う瞬間5選

などなど。

恋愛麻痺してしまっている私も興味がある記事なのでもちろん拝見します。

中でもダントツで多い意見がお店でのお支払い関係なんです。

 

そうです。

 

男性が自発的に多めに払うか、自発的に全額負担しないと女性から嫌われるということなんです。

 

この風習だけ未だに変化がないですね。

男なんだから◯◯しないといけない、女なんだから◯◯じゃないといけないという性別に関する偏った見方が引き起こすハラスメントがあるのも事実です。

このケースを置き換えると、男が金銭面を負担しないといけないってことになるので、ジェンダーハラスメントっていうんですけどね。

全35種類の○○ハラスメント一覧 – 社会人の教科書

もしかしたら今後、お会計に関する新しいハラスメントが生まれるかもしれません。

 

 

コンビニで作れる常温のコーヒー

こんにちは、A汰です!


f:id:a-matsuno0503:20180915171821j:image

もうすぐ秋ですね。

ずいぶんと涼しくなりましたが、日中は夏の暑さが戻ってくる日もあったりして微妙な季節です。

ホットコーヒーはまだ早いし、アイスコーヒーほど冷たいものはちょっと。。。

そんな時にオススメなのが、各種コンビニのセルフカフェなのです。

商品と同じように販売されている、専用のプラスチック容器をレジで購入し、店内のコーヒーメーカーを使って自分で作るというシステム。

今回はコンビニ常温コーヒーの作り方を紹介致します。

ちなみに私はセブンイレブンで作りました。

 

まずアイスコーヒー専用カップを購入します。Rサイズで100円税込。

f:id:a-matsuno0503:20180915153326j:image

 

氷を半分捨ててしまいます。

f:id:a-matsuno0503:20180915164542j:image

「コーヒー」の「R」ボタンを押します。

f:id:a-matsuno0503:20180915164752j:image

 

とりあえずドリップが終わり。

氷を減らすとボリュームが減りますね。
f:id:a-matsuno0503:20180915164806j:image

 

完成!

f:id:a-matsuno0503:20180915164818j:image

氷を半分減らすことによって、残った氷と熱いコーヒーが混ざって常温になるのです!

シロップやミルクは自由に使えるので、好みの味にアレンジできます。

ローソンやファミリーマートでも可能です。

どのコンビニでもコスパは最高だと思うので、この季節のスキマ時間にオススメですよ。

 

電車内に防犯カメラをつけるべき

どうも、お久しぶりです!A汰です。

しばらくブログの更新がストップしておりましたが、久々に再開致します。


f:id:a-matsuno0503:20180912190446j:image

相変わらず満員電車に揉まれている日々ですが、まぁマナーが悪い連中が目につきます。

ちょっとボディサイズがビッグな方は仕方ないとして、

もやしニンニクのテメーがなんで席2人分陣取ってんねん!

もう迷惑行為というよりも、無神経というべきでしょうかね。

トラブルに発展しない限り警察や駅員は動いてくれないでしょう。

これはまだ許せる範囲だとして、なんとも許しがたい事件がニュースで取り上げられていました。

阪神電鉄の座席に薬品か 座った乗客、尻に重度のやけど(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

座席に座った男性は、シートが濡れていたことに気がつき、その後におしりがヒリヒリしたそうで警察に相談しました。病院に行ったところ、化学熱傷と診断され入院中とのこと。恐らく濡れていたのが化学薬品だったらしいです。

別にバレなきゃ何をやってもいいと思っているんでしょうか?

 

なのになぜ!?

f:id:a-matsuno0503:20180912190259j:image


なぜ、未だに車両内に防犯カメラが設置されないのですか!?

私が思うことはブログタイトルの通りです。

もうそれだけなのです。

公共交通機関の車内なんだから、プライバシー空間ちゃいますよね?

JR東日本では防犯カメラを設置するよー、みたいなニュースはありましたけども。

埼玉)電車内の防犯カメラ、効果は? 県内鉄道4社導入:朝日新聞デジタル

 

西日本ではまだまだ先になりそうです。

いや、がんばれよ日本。

別の意味で。

 

 

いきなりステーキで和風の食べ方を紹介します!

どうもこんにちは!A汰です。

1週間以上ブログをさぼっていました結果、正月休みの記憶を書くハメになりました。

31日にですね、年越しそばではなく、年越し肉を食べてきましたよ!

もちろん、いきなりステーキでございます!

f:id:a-matsuno0503:20180104161020j:image

新しいメニューなのか、乱切りステーキというのがあったので注文してみました。

恐らく、切り残しのお肉でしょう(笑)

 

え!?切り残しってどういうこと!?

ってなりますよね。

いきなりステーキでは、お肉のグラム数をオーダーする際に、スタッフがカウンターでカットしてくれます。職人技でだいたいのグラム数を合わせてくれますが、あまりにも大き過ぎたお肉はオーダーの重さに調節しながら小さくカットします。

その切り残しを集めたメニューなんじゃないのって話です。

その分お値段は安いんですけどね。

 

さて、本題の和風な食べ方は

醤油とわさびで食べるのです!

自宅から持って行く必要はありません。お店に置いてあります。

f:id:a-matsuno0503:20180104161207j:image

刺身感覚でお正月って気分になりました。

焼き加減はやっぱりレアがオススメですね。今回はミディアムにしたのが失敗でした(笑)

 

熱々の時は特性ソースで食べて、冷めた頃に醤油とわさびで食べるのがオススメです!

※お子さんやお年寄りの方がいる場合、充分に火を通してもらいましょう。


いきなりステーキのメニューはステーキ以外もおいしい!ワイルドハンバーグをレビューする! - 生活のイチブトゼンブ

 

第5発目!離婚しそうな職場のおっちゃんの話


f:id:a-matsuno0503:20180104115007j:image

明けましておめでとうございます!

新年の挨拶を加えまして、久々の更新でございます。

どうもお久しぶりです!A汰です。

 

1月3日から出勤しておりますが、とにかく暇です。

全く仕事がないわけではないのですがネットサーフィンしている時間のほうが長いですね。

いや、休ませろや!!

ほぼ業務がない1日で初出勤早々おっちゃんが喋りまくっていましたよ。

今日はそんなおっちゃんとの会話の実録なのです。

A汰「明けましておめでとうございます!今年もよろしくお願いします」

おっちゃん「おめでとうございます!よろしくお願いします」

私がお辞儀をして挨拶をすると、おっちゃんもお辞儀をして返してくれました。こんな礼儀正しいおっちゃんは初めてです!

だから明日が雨模様なのかな!!

A汰「風邪治りましたか?」

おっちゃん「おお治ったで!」

実に笑えない冗談だ!

2018年初の心のツッコミです。

A汰「それはなによりです」

おっちゃん「毎日銭湯行ってたから治ったんやで!」

A汰「んん!?それはマジですか(笑)」

おっちゃん「そやで!6000円分は風呂代で飛んで行ったわ!」

A汰「あらま!」

おっちゃん「それだけが遊び代やから安いもんやろ!」

A汰「お風呂好きなんですね」

おっちゃん「こんな休み多い事業所おったら余裕できるんやわ」

A汰「たしかに休み多いですよね」

おっちゃん「A汰君も楽やと思うやろ?」

A汰「まぁ今までの働き方と比べれば楽ですな」

おっちゃん「変わった人間もおらへんしな!」

それ言うかー!?

おっちゃん目線からは変な人間はいないようです。

 

A汰「た、たしかにいませんよねー!ぼく、しあわせでーす!」

おっちゃん「せやろ!また3連休始まるからな」

A汰「成人の日でございますね」

おっちゃん「娘が成人迎えるんやわ。祝いにバッグ買ったらなアカンねん」

A汰「カモられてますな」

おっちゃん「10万やぞ!ルイヴィトンかGUCCIか知らんけど高いわ!」

A汰「うげ!」

おっちゃん「デートやデート」

 

めっちゃ家族想いやん!

過去の記事で家族嫌いな一面がありましたけど、その時の気分だったのかもしれませんね。もしかしたら、離婚したいって発言もその時の気分だったのでしょうか。

言葉ひとつで人物像を決めつけてしまうのはよくないですね。

撤回する器も大事だと学びました。

 

A汰「息子さんとは飲みに行ったりはしないんですか?」

おっちゃん「あのクソガキは嫌いや!」

 

相変わらず好き嫌い激しいな。

おっちゃん、離婚するなよ。


離婚しそうな職場のおっちゃんシリーズまとめ - 生活のイチブトゼンブ

 

満員電車


f:id:a-matsuno0503:20171222114212j:image

どうも、こんにちは!A汰です。

毎日の満員電車が苦痛です。

なぜかって?

男くさい。

もうそれに限ります。

息を切らせて駆け込んできたサラリーマンは、なぜか私がいるほうへ息が飛んでくるのです。

なぜピクルスの匂いがするのだ?


f:id:a-matsuno0503:20171222113926j:image

マクドナルド食ってきてギリギリだったのか?

だからそんなにデブなのか?

疑問しか残らない。

 
f:id:a-matsuno0503:20171221194841j:image

そして隣に座るオッサン。シンプルに口が臭いのです。

ゴミ収集車が通った後のニオイかよ!!

口のニオイはほんとに勘弁してほしいものです。夏は終わり、冬だから汗のニオイが無いと安心していた矢先の不意打ちです。

もうね、口が屁より臭い人はみんな上を向いて歩こう

あまりにも悲惨な状況だったからなのか、私の下っ腹からグルグルと屁意が催した。そこで私は閃いたのです。

屁をしてリベンジしてやろうかな!

と。

半激怒状態なので、口から屁をしているやつがいるのだから肛門から屁をするのも何も変わらないだろ!

そんな屁理屈でもう心がいっぱいおっぱいだったのですよ。

しかし私も人間です。周りに迷惑がかかることを考えると、どうしても我慢してしまうのです。我慢すればするほど肛門付近で屁の効力が増していくのが長年の経験でわかる。

間違いない。

この屁の属性は

無音多量属性の屁だ。

一番周りに被害が及ぶパターンだ。

そういえば、

映画「トランスフォーマー」の1作目の主人公のおじいさんが名言を残していたな。

 

犠牲無くして、勝利無し

 

いや、あまりにも犠牲が多すぎる。

やめておこう。

 

だからお願いです、お願いだから女性専用車両に行かせてください。

1億%痴漢しないと誓います。

 

私はゲイです。

って言って身分証明書と男二人のキス画像を駅員に提示して女性専用車両に乗れるようにしてほしい。

それくらい満員電車が嫌いです。

 

ただ、私はゲイではありませんよ。

 

 

 

出会いを求める男性必見!元相席屋スタッフに聞いてみた相席攻略法!

どうもこんにちは!A汰です。
f:id:a-matsuno0503:20171219195319j:image

新しい出会いの場、相席屋

さまざまなお店が全国各地で展開されており、なかには相席バーや相席ラウンジという呼び方もされています。

今回は、実際に関西の相席屋に勤めた経験のある友人M君にお得な情報をインタビューしてきたので紹介していきます!

 

そもそも相席屋ってどんなところ?

M君「男女のお客様同士が相席してお酒や料理を楽しみながら仲良くなれる場所ですかね」

A汰「敬語やめれ(笑)」

M君「もちろん連絡先の交換は自由や」

A汰「店内でのお客さんの流れってどうなってるの?」

M君「基本的に、女性客の席に男性客を案内する感じ。そして希望があればチェンジも可能」

A汰「チェンジですと!?」

M君「敬語やめれ(笑)男女共に店内に案内する前に、チェンジを希望する場合はトイレなどに行く際にスタッフに伝えるようオペレーションしとるわけだ」

A汰「ほうほう」

M君「うちのお店ではチェンジを申し出た性別側の方が席を離れる」

A汰「うわぁ・・・知らないほうがよかったのかも」

M君「チェンジがないと苦痛なパターンもあるからね」

A汰「ちなみに料金のシステム教えてちょ」

M「女性は食べ飲みが無料!俺のお店はね。恐らくほかのお店も同じだろうよ」

A汰「出た!男女格差!」

M君「要するに、お会計はすべて男性持ちやな。男性が女性の席に入って、女性がフードメニューを注文した地点で料金が発生する。チェンジ後もしっかり記録されているぜ。飲みは男女無料や」

A汰「女性が注文した料理をもらうのはいい?」

M君「少しくらいなら。ただお店側としてはタブーなんよね。無料で女性に提供してる料理をつまむわけだから」

A汰「女性が大食いじゃない限りそんなに値段は羽上がらなさそうやな」

M君「あとは◯◯分◯◯円のように男性のみチャージ料があるぜ」

A汰「お、おぅ。儲かりますな」

 

男性は何時くらいにお店に入るのがベスト?

M君「ずばり19時~22時の間やね」

A汰「それがピーク時なのかい?」

M君「そうやね。とにかく早い時間帯ほど女性がどんどん流れ込んでくるんよ」

A汰「男性待ちとかある?」

M君「あるある!早い時間に行くといいよ」

A汰「逆に遅い時間だとアウトなん?」

M君「そう!女性は終電で帰りたい人が大半やし、男性はお持ち帰りも狙うってのもあって、22時を過ぎると男性>女性っていう割合になるのだよ!」

A汰「アーナルほど!!!」

 

お店は何人くらいで行くのがいい?

M君「最低でも男女2人ずつがいいね」

A汰「さすがに1人はないな」

M君「カウンター席があるけど、案内しにくいよな。むしろ見たことがないし女性側も困る。せいぜい2~3人ずつや」

 

ぶっちゃけ、どんな客がやっかい?

M君「ダントツでタダ飯目的の女性客やな!怒」

A汰「お、エロスが激怒した」

M君「その席に男性客が入っても男性がすぐに離れていくんよな」

A汰「飯が目的やから男性に興味を示さないわけか」

M君「まさにそう!男性がいない状態でバンバン注文するわけだからお会計を請求できる客がいないんよ」

A汰「それは大赤字やな」

M君「そんな時はカウンター席に居座ってもらうけどね」

A汰「じゃあカウンター席にいる女性は・・・」

M君「まあ、男性客にマッチングしない可能性アリだな」

A汰「ちなみにどんな男性客がやっかい?」

M君「店に入らずに、店の前で女性客の帰りを狙っている男かな」

A汰「そりゃケッチーわ!」

 

全国各地に相席屋があるけど、関西人がモテる地域ってある?

M君「名古屋やね!あとは、福岡と北海道」

A汰「たしかに福岡県は関西弁のウケがよかったぜ!」

M君「単純に相席屋というか、関西弁が珍しいのかもしれんな」

A汰「よし!クリスマスまでに名古屋行こうか!」

M君「むーりー。忙しい」

 

まとめ

  • 男性のみ席のチャージ料が発生する。
  • 女性の料理代は無料で、相席した男性がお会計をする。
  • 相席屋に行くなら19時~22時を狙いましょう。早いほど良し。
  • カウンター席の女性にはご用心。
  • 2~3人のグループで行きましょう。

 

以上、相席屋の攻略情報でした。

出会いがないシングルマン男性は飲み会シーズンに是非行ってみてはいかがでしょうか!

 

会社の忘年会

久しぶりの更新で、A汰の「汰」が予測変換されませんでした。

どうもお久しぶりです!A汰です。

 

もう飲み会シーズンがピークですね。先週の金曜日にですね、私の部署の人が一人も来ない会社の忘年会に行って参りました。ネタにならないくらい今年一番の「無」でしたよもう(笑)

上層部は天然のオヤジが幹事をしていましてちょっと面白かったのでそれは良し。

見た目がもう帽子をかぶっていないジャムおじさんでしたね。

ジャムおじさん「皆さん、日々の業務お疲れさまです!協力会社の方も含めてこんなにもたくさんの社員の方々に参加して頂いてですね、ワタクシ幹事は非常に喜しく思います。今年の9月から新システムも導入されまして、業務のやり方が180度変わったこともあり、様々な問題にも直面してしまったわけではございますが、皆様には多大なるご迷惑をおかけしたにもかかわらず、繁忙期を乗りきって頂きありがとうございます。ワタクシどもの。。。」

話長いっすわ!!!

飲み会での上層部のオヤジの話が長いというのはホントだったようです!!

ジャムおじさん「それでは皆さん、乾杯しましょう!」

社員全員「いやいや、まだ飲み物注文してませーん!」

その場の9割の人間がジャムおじさんにツッコミを入れました。

 

あ、すいませーん。

ちょっと写真撮りますー。

あ、どうもー。

ってペコペコしながらやっと撮れた写真がこちら。
f:id:a-matsuno0503:20171219072542j:image
f:id:a-matsuno0503:20171219072553j:image

名前忘れましたけど、とにかくでっかい海老の料理がメインでした。

海鮮料理のお店だったのに、海鮮無理組のテーブルもセッティングされておりまして、別料金でステーキとかハンバーグを注文する強者社員がおりました!!

 

そんなわけで会費が以下の通り

所長10000円

副所長10000円

社員4000円

 

経費で落ちることを期待していたんですけどね。世の中も会社もそこまで甘くないですな。

 

まとめ

会社のお偉いさんを交えての飲み会は、笑えるネタがひとつでもあれば面白いものですね。私のようななんちゃってブロガーのネタ探しには丁度いいです。飲んで食べての楽しみを求めるとなると少し難しいように思えました。好き嫌いで成り立っている古風が残っているような会社では上司や先輩から気に入られるチャンスかもしれませんね。気に入られて出世がしたい方にはオススメのイベントです!

 

第4発目!離婚しそうな職場のおっちゃんの話

f:id:a-matsuno0503:20171213142215j:image

最近オネエ座りがめっちゃ楽な体勢だと知りました。

どうも、こんにちは!A汰です。

 

最近おっちゃんの体調がものすごく悪いです。ただでさえ顔色がムーミンパパのようなカラーリングなのに加えて、顔が死にかけなのです。

今日はそんなおっちゃんとの会話の実録なのです。

 

おっちゃん「今日はあかんわ」

A汰「どうされたんですか?」

おっちゃん「体調悪いわ」

A汰「風邪ですか?」

おっちゃん「わからん。昨日からずっと腹痛いんや」

A汰「胃腸風邪ですな」

おっちゃん「いや腸だけが痛いんや!」

A汰「トイレいきましょトイレ」

おっちゃん「それがな、出んのやわ」

A汰「それどういう状況ですか(笑)」

おっちゃん「こうなってしもたら点滴せなあかんのやわ」

A汰「過去に同じようなことが?」

おっちゃん「あったんや!俺もう死ぬわ」

A汰「わはは(笑)笑える冗談を(笑)」

おっちゃん「あ、それと今日はCさん休みやからな」

A汰「了解っす」

Cさんとは、私の担当フロアの責任者です。おっちゃんは部署の班長なので現場の情報は一応丁寧に教えてくれます。

 

そして、昼休みにて。

 

おっちゃん「あれ?Cさんどこや?」

A汰「ブッ!!笑」

60歳のおっちゃん「休みって自分で言うてたやんけ」

おっちゃん「ほんまやわ」

A汰「もうお疲れですね」

ボケてもおっちゃんは相変わらずスマホを横に持ってキャプテン翼のアプリで遊んでいました。どうやらこのアプリはボケ防止にはならないようです。

今日はそこまで忙しい日ではなかったので定時で帰りました。駅に向かっていると、偶然にも後ろからおっちゃんも歩いてきたのです。

 

おっちゃん「A汰君歩くの遅いなぁ!」

A汰「お疲れさまです!ゆとリーダー、のんびリーダーとは私のことなので」

おっちゃん「あと10分で電車くるから急ぐわ!ほな!」

A汰「あーい」

おっちゃんはスタスタと速いテンポで歩いていきました。

恐らくおっちゃんは知らないでしょう。

駅と会社の道中にある2つの信号のせいで、早く歩こうがのんびり歩こうが駅に到着する時間は変わらないということを。案の定、私は2つ目の信号待ちのおっちゃんに追いつきました。

おっちゃん「はぁ・・・A汰君よ、もう・・・はぁ・・・間に合わんわ・・・はぁはぁ」

ここで私の黒い部分が出ました。腹痛でウ◯コが出ずに早歩きして電車を逃したオヤジが息を切らして死にかけているのです。目の前にいるのです。もう笑いをこらえるのが精一杯なのでした。ここから一緒に帰るのですがホントに苦痛でした。

年末の定番である、ガキの使いやあらへんで!笑ってはいけないシリーズのようでした。

A汰「トイレいけたんですか?」

おっちゃん「いや、はあ、まだや・・・はあ」

A汰「そ、そうなんですか(笑)」

おっちゃん「俺、はぁはぁ・・・明日、はぁ・・・休むからよろしく頼むわ・・・はぁ。うちの会社はな、はぁ・・早退とか、はぁ、遅刻したら、げ、はぁ減給なるや。やから、有給取ったんやわ、はあ、ほんでなぁ、明日は、はあ・・・銭湯行って、さ、サウナはぁ・・・入るんや。ほんで・・・」

もう喋らんでええわー!!!!

それからずっと喋ってましたけどね。

今日のおっちゃんは不調でした。たまには大人しい日もあるんですね。

おっちゃん、長生きするんだぞ。

 

このタイトルがシリーズ化した最初の記事もご覧ください。おっちゃんのプロフィールと離婚しそうな原因も紹介しています!

 
離婚しそうな職場のおっちゃんシリーズまとめ - 生活のイチブトゼンブ

離婚しそうな職場のおっちゃんシリーズまとめ


第1発目!離婚しそうな職場のおっちゃんの話 - 生活のイチブトゼンブ


第2発目!離婚しそうな職場のおっちゃんの話 - 生活のイチブトゼンブ


第3発目!離婚しそうな職場のおっちゃんの話 - 生活のイチブトゼンブ


第4発目!離婚しそうな職場のおっちゃんの話 - 生活のイチブトゼンブ

塩で食べる餃子が魅力!神戸元町の餃子専門店GYOZA YUMMY

どうも、こんにちは!A汰です。

先週の出来事なんですけども、男二人で神戸の元町にある餃子専門店に行って参りました。


f:id:a-matsuno0503:20171212175059j:image

普通に飲み屋さんが立ち並ぶ通りにお店があります。なぜか不思議なことに、二人同時にお店の前で立ち止まりました。

このお店にはなにかがある!

そう、第6感=シックスセンスが察したのでしょう!!


f:id:a-matsuno0503:20171212175219j:image

笑うコックさんのロゴは全く餃子っていう雰囲気がありませんね(笑)


f:id:a-matsuno0503:20171212185136j:image
f:id:a-matsuno0503:20171212185156j:image

とりあえずチビビールと餃子1人前を注文しました。

チビビールって(笑)

かわいいネーミングやなおい!

 

f:id:a-matsuno0503:20171212181955j:image

ビールはジョッキではなく、マグカップほどのサイズのグラスできました。

1ドリンク制でお通しが8品付いてきます。これは強制です(笑)

1人につき4品だそうです。

値段がわからないお通しに、またまたシックスセンスが騒ぎだす。


f:id:a-matsuno0503:20171212184159j:image

カウンターにはお通しの料理が並びます。

f:id:a-matsuno0503:20171212175328j:image

しかしまぁ、強制と嫌な言い方をしてしまったものの、THE日本食の色鮮やかで種類が多く、餃子が焼き上がるまでの待ち時間を癒してくれる逸品ばかりです。

マカロニサラダ、ほうれん草のごま和え、枝豆、それ以外の料理名がわかりませーん。

 

待つこと15分。

ついにきましたどーん!!
f:id:a-matsuno0503:20171212174934j:image

なるほど。1人前6コなんですね。二人で取り合いっこせずに済みました。


f:id:a-matsuno0503:20171212181557j:image

お酢に塩を入れてつけて食べます。具を包みきっていないところが斬新ですね。

味はめちゃくちゃさっぱりしてました。

野菜の旨味が詰まっていて、餃子なのにすごくヘルシー!!

にんにくと生姜は一切使っていないので、お口のケアを気にしなくていいですね。

まさに女性にオススメです!

ただでさえ臭い男がさらに臭くならなくて済みました。

f:id:a-matsuno0503:20171212181416j:image

塩は3種類ありました。やっぱり白塩が最高ですね。


f:id:a-matsuno0503:20171212181446j:image

お塩はしょっぱいだけのイメージしかありませんでしたけど、塩自体にもしっかり旨味がありました。


f:id:a-matsuno0503:20171212182105j:image

んー、お酢のこと聞くの忘れていました。次行った時にいろいろ聞きますわ。

 

f:id:a-matsuno0503:20171212182130j:image

こちらがお店で扱っている塩です。ろく助っていうお塩で、赤坂の名店「串焼き ろく助」の店主である高野正三氏が作り上げた塩です。昆布や干帆立貝等を使って旨みを加えた塩なんです!そりゃウマイはずです。


f:id:a-matsuno0503:20171212191859j:image

とても気さくな店員のお兄さん。

ブログでお店の情報を撒き散らすことを伝えたところ、エプロンもアップしてほしいと言われたので容赦なく全身アップしちゃいました。

※もちろん許可を頂いております。

 

これだけの種類を楽しめて、お会計は二人で税込みで1980円でした!

ぼったくりを疑うシックスセンスははずれました。お兄さん、疑ってごめんなさい。

 

神戸に来られた方は是非立ち寄ってみてくださいませ!

f:id:a-matsuno0503:20171212182156j:image

営業時間

17:00~24:00

13:00~24:00(土日)

住所

〒650-0022

兵庫県神戸市中央区元町通1丁目12−2

TEL078-332-8311 

関西人が九州へ行ってみた!男二人の適当旅行日記

地球は青かった

どうも、こんにちは!A汰です。
f:id:a-matsuno0503:20171210202332j:image

またまた九州へ行って参りました!

まるで宇宙から撮影したような絵になっていますけど、飛行機の窓から撮影しました。もちろんスマホ機内モードですよ。

前回は新幹線を利用しましたが、格安航空機に乗ったほうが安かったのでPeachを予約して行きました。
f:id:a-matsuno0503:20171210193435j:image

利用客は多かったですね。機内の席はほぼ満席でした。
f:id:a-matsuno0503:20171210202451j:image

関西空港から1時間で福岡空港に着きます。神戸から関西空港へ行くまで1時間半くらいです。意外と関西空港までが遠かったですね(笑)
Peachでは2018年度の人員を募集していました。

性別、国籍は問いませーん!

f:id:a-matsuno0503:20171210193748j:image

福岡空港に到着すると博多人形が置いてありました。地下鉄の福岡空港駅がありますのですぐに中心地である天神や博多まで移動が可能です。

いざ博多駅前のホテルへチェックインです!なかなか評判のよいホテルで博多駅から徒歩5分ほどの場所にありました。


サンビジネスホテル 宿泊予約【楽天トラベル】

 

博多駅前では福岡クリスマスマーケットが開催中です。


FUKUOKA Christmas Market|博多・天神 クリスマスマーケット


f:id:a-matsuno0503:20171210194149j:image

出店の中からは大人のフルーティーな香りで溢れていました。


f:id:a-matsuno0503:20171210194038j:image

とりあえずホットワインで乾杯!

なんとグラスは持って帰れるんです!

オッサン二人を案内してくれた地元の若者二人に感謝です。

少し遅めの出発であったため1日目は平和に終了しました。

 

九州旅行2日目

おはようございます!A汰です。

f:id:a-matsuno0503:20171210194234j:image

サンビジネスホテルでは300円で朝食を食べれます。どんな場所に行っても我々にとって庶民的な食べ物があると安心ですよね!

手作り感があるものはほんとにおいしい。

涙が出そうになります(笑)

チェックアウトをしてから福岡空港へ戻り、レンタカーを借りて佐賀県嬉野市へ。

 

f:id:a-matsuno0503:20171210194307j:image

ここでは嬉野温泉と湯豆腐が有名です。もちろん温泉と湯豆腐を堪能してきました!

 

http://www.yococho.com/sp/index.html
宗庵よこ長

このお店で湯豆腐を頂きました!

 

f:id:a-matsuno0503:20171210194335j:image

店内にはなんとも面白いキャッチフレーズのポスターが(笑)

f:id:a-matsuno0503:20171210231332j:image

行きはるんるんしてました。オッサン二人はぷるるんになって関西に帰りますよー!

 

f:id:a-matsuno0503:20171210194359j:image

こちらが湯豆腐定食です!

850円とリーズナブルな割に高級感があります。お腹に優しいメニューですね。


f:id:a-matsuno0503:20171210194417j:image

f:id:a-matsuno0503:20171210231817j:image

これをタレにつけて食べました。

あぁウマ優しいお味。

タレは少し甘めの醤油ベースでまさに湯豆腐専用のタレです!

タレにつけなくても味はついていましたので2種類の味を楽しめました。

 

f:id:a-matsuno0503:20171210200616j:image

駐車場を向かう帰り道に(よこ長行く前にも通りました)足湯で寄り道。

f:id:a-matsuno0503:20171210200850j:image

ここはフタをカポっと開けると膝くらいまでの深さがあって湯気が足を暖めてくれました。


f:id:a-matsuno0503:20171210200720j:image

汚い足ですがなにか(笑)

足湯はほんとに帰るタイミングを失います。ずっとボーっとしていられます。

そして地元のおっちゃんとお若い女子と茨城からお越しのマダム方と旅のお話し。


f:id:a-matsuno0503:20171210200937j:image

天気が回復したので近くの公園を散策。

 
f:id:a-matsuno0503:20171210200958j:image
f:id:a-matsuno0503:20171210201043j:image

旅のシメがここです!

オッサン二人はテンションが上がりすぎてルンルンですよもう。

百年洗ってない風呂!?とか言っちゃってルンルンでしたよもう。

調子に乗っちゃって。

めっちゃ失礼ですねごめんなさい。


佐賀嬉野・日帰り温泉施設 百年の湯【公式】※旧名称:元湯温泉

置いてあるシャンプーが馬油ばかり!

これで果たしてぷるるんになれたのかな。

 
f:id:a-matsuno0503:20171210201054j:image

イチオシの皿うどんも頂きました!

あぁこれもウマ優しい。

しじみも入ってて具が盛りだくさん。

ソースを入れる風習があるとは知りませんでした。

短時間でどんだけ食べるねんって思われるかもしれませんけど、湯豆腐定食を食べてから3時間ほど空いてますからね。

 

そしてここから旅行の一番テンション下がるところです。

そう、ぷるるん帰り道ですよ。

あぁ現実に戻る。

帰りたくないなぁとか思いながらなんとか関西に着きました。
f:id:a-matsuno0503:20171210234717j:image

 

まとめ

道急ぐビジネスマンばかりの都会に住んでいると人間らしさが分からなくなります。そしていつか自分もそうなっていきます。得るものと失うものの等価交換が繰り返される毎日を癒すのが旅なんだと思いました。

住んでいる場所が違うとお互いが知らないことを喋って何か新しいことを知った時ってほんと気分がいいです。

人と喋って新しいことを知るか。

ググって新しいことを知るか。

答えは一緒でも感動の仕方が180度違います。

親切にしてくださった方へ、ありがとう。

 

第3発目!離婚しそうな職場のおっちゃんの話

どうも、こんにちは!A汰です。

 
f:id:a-matsuno0503:20171208193356j:image

「あいさつ」って社会人の基本中の基本ですよね。軍隊や学生時代の運動部みたいに大声で叫ぶほどのものではなく、私は標準のトーンで発しています。

「おはようございます」

「お疲れさまです」

最低この2つだけ発することがマナーの最低ラインだと私は思います。

しかーし!!

どうやら離婚しそうなおっちゃんはユーモアな考え方でした!

今回はそう感じた会話の実録なのです。

A汰「おはようございます」

おっちゃん「ぬぁーす」

A汰(ろれつ回ってへんやん)

おっちゃんには通りすがりにあいさつをして心でツッコミを入れましたよ。最近入社してきた別のおっちゃんが目の前を通っていきました。

A汰「おはようございます」

新人おっちゃん「おはようございます」

おっちゃん「A汰君よ!」

A汰「はーい」

おっちゃん「さっき俺らの前通って行ったあいつが新しいやつか?」

A汰「そうみたいですね」

おっちゃん「あいつ!俺の前通った時あいさつなかっぞおい!」

ヤンキー座りしながらスマホアプリで遊んでいるおっちゃんは激怒しました。

A汰「きっとシャイなんですね」

おっちゃん「ホンマむかつくわー!顔キモいし!」

A汰「顔って!笑」

おっちゃん「A汰君も気使いすぎやで!」

A汰「えっと、気を使うと言いますと?」

おっちゃん「自分からあいさつが無いやつなんか無視しとけな」

A汰「ははははははっ」

は?

普通に朝のあいさつしているだけで「気を使い過ぎ」と認識される要因は何だったのでしょうか(笑)

恐らくおっちゃんが嫌っている人間に対してあいさつしているのが気に食わなかったのでしょうね。

おっちゃんはぷんすか怒りながらスマホアプリ再開。どうでもいい情報ですが、おっちゃんが遊んでいるアプリはキャプテン翼のゲームらしいです。

続いて事業所長がおっちゃんと私の前を通って行きました。

A汰「おはようございます」

所長「おはようございまーす」

おっちゃん「・・・」

 

おっちゃんは今日もゲームに必死でした。


第1発目!離婚しそうな職場のおっちゃんの話 - 生活のイチブトゼンブ


第2発目!離婚しそうな職場のおっちゃんの話 - 生活のイチブトゼンブ

 

いきなりステーキのメニューはステーキ以外もおいしい!ワイルドハンバーグをレビューする!

眉毛で隠れている皮膚にオデキができました。

どうも、こんにちは!A汰です。

 

行き付けの「いきなりステーキ神戸三宮生田ロード店」へ行って参りました!

いきなりステーキといえば、全国にチェーン展開しているステーキ専門店。好きなお肉を選んでからカウンターに番号札を持って行き、お肉のグラム数と焼き加減をスタッフに伝えると、その場でお肉をカットしてから焼いてくれるんです。メニューの画像は下の方に載せております!

ちなみにお肉の値段は1グラム単位で決まっています。多少の重量誤差が生じてしまうのは人間の手作業ですから人間の心でスタッフを信じましょう(笑)

一度だけピッタリ賞を出したスタッフさんがいてビックリしたのを今でも覚えています!

 

そして今回紹介するのが、このワイルドハンバーグだぜぇ~。ワイルドだろ~。
f:id:a-matsuno0503:20171206213745j:image

あらかじめハンバーグの大きさは300グラムと決まっていて、丁寧にカットされてから運ばれてきます。ランチ限定メニューだったそうですが、夜の時間帯でも食べることができました。


f:id:a-matsuno0503:20171206213924j:image

半生で運ばれてくるので、鉄板が冷めてしまう前に素早く好みの焼き加減になるまで火を通しましょう。

 


f:id:a-matsuno0503:20171206214011j:image

ある程度焼き上がったところで付属の特性ソースをぶっかけながら食べましょう!

鉄板アツアツの状態でソースをかけてしまうと、油が飛んできますしソースが焦げてなくなってしまいますので注意。

 
f:id:a-matsuno0503:20171206214431j:image

お好みでブラックペッパーや甘口のタレもあります。左はステーキ用のですが、ぱっと見お冷に見えますのでお気をつけください!

甘口のタレは焼き肉のタレような味わいです。

 
f:id:a-matsuno0503:20171206214938j:image

お味はもちのろんでウマイっす!!

ほかのお肉メニューに比べて値段も1100円と安いですし、なんせコスパ最強です!

 
f:id:a-matsuno0503:20171206214618j:image

あともうひとつ私のオススメは、この200円のガーリックライスです。大盛りはできませんが、お肉が進みます!普通のライスも同じ値段で大盛り無料です。

ハンバーグでご飯が進み、ガーリックライスでハンバーグが進みました!

この組み合わせはお肉でもお互い進み合うのでめっちゃ満足できますよ!


f:id:a-matsuno0503:20171206215641j:image

これがお店のメニューです。

 
f:id:a-matsuno0503:20171206215741j:image

マイレージカードも作っておくとお得です。食べたグラム数が貯まっていくので一定の量に達するとカードがランクアップします。

 
f:id:a-matsuno0503:20171206220527j:image

私は今までのトータルで3000グラム食べたのでゴールドカードにランクアップしております!よく行くお店ですし毎回ソフトドリンクが1杯無料になるので作ってて良かったですよ!

 

 
HOME | いきなり!ステーキ

こちらがいきなりステーキのホームページです。

 

第2発目!離婚しそうな職場のおっちゃんの話

どうも、こんにちは!A汰です。

 
f:id:a-matsuno0503:20171204223818j:image

前回の記事では、まるで浦安鉄筋家族の大鉄のようなおっちゃんが職場にいることの話をさせてもらいました。48歳のおっちゃんが家族嫌いな内容の愚痴をこぼしていたことからすべてが始まりです。

 
第1発目!離婚しそうな職場のおっちゃんの話 - 生活のイチブトゼンブ

今回もそんな職場のおっちゃんとの会話の実録をお話させてください。

おっちゃん「A汰君よ」

A汰「はいな」

おっちゃん「ちょっと商品運ぶの手伝ってくれんか?」

A汰「うぃっす」

おっちゃん「今から取りに行く物なんやけどな、箱が破れてるんやわ」

A汰「アーナルほど。補修するわけですな」

おっちゃん「これや」

A汰「うわ、豪快に破損してますな」

おっちゃん「とりあえず持っていこか」

A汰「わかりやした」

おっちゃん「これは恐らく前の担当者の仕業やな」

A汰「あら、知ってる人でござるか?」

おっちゃん「知っとるぞ!A汰君が配属される前に辞めたやつや!」

A汰「人のチェンジ激しすぎでそ!」

おっちゃん「全く仕事できんやつやったんやわ」

A汰(どうせ指導に問題があったんでしょ)

おっちゃん「ええ年して頼んないやつやったでほんまに!」

A汰「そうなんすか!アタチより年上やったんですか?」

おっちゃん「そりゃ年上やでな!結婚もしとったしの」

A汰「そしたら、結構オッサンな感じの人やったんですか?」

おっちゃん「いや、俺と同い年や!」

 

じゃあオッサンやないかい!!

いや、一度否定する意味はなんですか?

自称病人48歳の人間が自分のことをオッサンだと自覚していないような否定ぶり。

そういうとこ見逃しませんよ(笑)

関西人の気質といいますか、自分の中で面白味を秘めていると思っている人にはツッコミを入れて笑いを求めてしまうのです。

これはもちろん私の心の叫びでありエアーツッコミであることは言うまでもない。