生活のイチブトゼンブ

ストレス社会で3分間の現実逃避を楽しむぜよ

続・神戸人が神戸の居酒屋紹介します

こんにちは!A汰です!

 

↓↓こちらの続編です!


f:id:a-matsuno0503:20170527232623j:image
というよりも、またリピーターとして行ってきただけの話なんですけどね(笑)

 

今日はガッコの先生と飲んできました。

あ、学校の先生ね。

彼とはバスケのストリートコートで知り合った友達です。今週に入ってから約束してたんですよ。このお店行こうって。

Saturday night fever ですし、先生という聖職者と飲んだこともなかったので、すごく楽しみにしてたんですよ。

f:id:a-matsuno0503:20170527232544j:image

左の眼鏡くん→先生

右の赤い人→店長

 


↓これ、神戸名物のそばめしです!
f:id:a-matsuno0503:20170527233223j:image

↓なっとうオムレツ

f:id:a-matsuno0503:20170527233256j:image

 

↓忘れました。貝の何かでした。。。
f:id:a-matsuno0503:20170527233230j:image

 

今回は写真多めでございます。

 

呑みながらいろいろ先生の事情を聞いてみたのですが、まあ大変!その一言に尽きます。

今までは生徒から見た先生しか知らなかったわけですからね。

生徒のこともありますし、もちろん授業や行事のことも人間関係も。

学校は人口密度高すぎますね。

 

やっぱり厳しい先生もいるそうで、彼にも厳しく接するとのこと。

ある夜にその先生と友達が二人きりになったタイミングで、彼は厳しくする理由を思い切って聞きました。

 

 

 

 

 

正解が複数ある中で、本当に間違っていると思ったことに対して言っているだけ。

厳しくするほうが楽だ。

 

そう返ってきました。

厳しい人はなんだかんだで信念を持っておられるんですよね。

中途半端な自分を見せるより、厳しい先生を貫き通せる志しなのだと思いました。

 

今までしんどいこともあったのでしょう。

友達も理由を聞いて良い部分は見習おうと、前向きになったそうです。

 

結局は、どんな先生も目指す所は生徒のためなんですよね。

 

そんな話を顔が真っ赤になって交わしてきました。

 

先生やってて楽しい!

以上、そんな先生との飲み会でした。