生活のイチブトゼンブ

ストレス社会で3分間の現実逃避を楽しむぜよ

ミサイル発射しそうな勢いで私の部署が荒れている。

こんにちは!A汰です。

 

職場に100%満足している社会人って少ないですよね。不安や不満の声なんてあって当たり前だと思います。


f:id:a-matsuno0503:20171013200510j:image

しかしまあ、愚痴というのは聞けば聞くほど耳障りな場合もありますし、実は黒歴史だった奇妙な物語に自分自身が引き込まれることもあると思うのです。なので私は愚痴に参加しない方で、社交辞令と愛想笑いで流すか、聞いていないアウェイな態度で過ごすかのどれかが無難だと思っていました。

上層部の指示で業務が増え残業も増え、私の部署は非常に愚痴で荒れている状態。ほぼオジサマなのですが、基本的に仲は良い。休日は毎週のように釣りに出かけているようで、事務所では週末が近づくにつれて釣りアポの話が飛び交うのです。全く釣りに興味はないし、万にひとつの可能性で誘われたりでもしたらめんどくさい。部署の人達は嫌いじゃなく、私自信が無関心なのです。なので、コミュニケーションが活発に行えていないのは私自身。無関心ではありますが、コミュニケーションを取りたくないといえば嘘になります。

もし今が、普段から無関心同士だった関係で愚痴をこぼし合うことで交友を深めるチャンスだとしたら、愚痴に参加しますか?

自分自身に問いかけてみましたよ。

そして愚痴に参加してみましたよ。

 
f:id:a-matsuno0503:20171013200628j:image

A汰「今日も遅くなりそうですね」

Sさん「ほんま上の人間はアホやで!現場来て土下座しろっちゅーねん!」

A汰「おぉーコワ。。。(笑)」

Sさん「俺帰るから残ってくれる??(笑)」

A汰「何言うてはるんですかーっ」

Sさん「がははははっ(笑)」

A汰「それにしても新システムの導入って残業増えただけですな」

Sさん「それそれ!」

A汰「そもそも製品にバーコードがない地点で取り組みの順序間違ってますよねー」

Sさん「もうそのまんま上層部に言うたってくれ」

A汰「ぬはははーっ」

 

愛想笑い??で終わりましたけど、自分なりの丁寧語で愚痴りましたよ。

愚痴って中毒性があると分かりましたし、愚痴り過ぎは要注意だと感じました。

なぜなら、

自分の話に共感してもらえる快感とほのかに芽生えたような仲間意識が生まれてしまうからです。

もしこれが個人に対する悪口や噂話だとしたら、群れで人の不幸をエサにする心底腐った人間になりかねない。そして気がつけば自分が愚痴の標的になっていたりすることも。

だから愚痴というのは自己責任でほどほどにすべきですね。